離婚を考える人のための離婚サイト。女性が素敵に輝くために…

弁護士 離婚調停

【離婚調停】調停で弁護士が本当に必要か?弁護士に依頼するメリット、デメリット

更新日:

こんにちは、めぐまるです。

今日は、離婚調停に弁護士をつけるメリット、デメリットについて詳しく記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

離婚調停に弁護士は本当に必要か?

弁護士は、つけれるならつけたほうがいいと私は思います。人によって調停で争う部分が違うと思います。

離婚はお互いに承諾しているけど、親権問題で争っている。とりあえず婚姻費用を払って欲しい。子供に会わせてもらえないから、面会交流を実施したいなど、その夫婦によって話し合うことは違うかもしれません。

そこで、とにかく少しでも自分に有利に進めたいと思ったとき、法律の専門家が近くにいてくれたら、心強いですよね。だって離婚は一生のことです。離婚後のトラブルはできるだけ避けたいですから、離婚前にきっちり自分の納得がいくように決めておく必要があります。

 

弁護士に依頼することでのメリット

いくつかあるので詳しく説明したいと思います。

調停委員に本気度を見せつけられる!

弁護士がいるかいないかで、あなたの印象が変わることがあります。この人は本気なんだなって思わせることによって、調停委員が味方になってくれることもあるのです。

あとは、弁護士は法律の専門家ですから、正当な主張をすることによって、調停委員もあまり突っ込むことができません。調停委員はほぼ離婚問題について詳しい人ばかりではありません。

個人的には、とくに親権を主張して負けたくない人は、調停から弁護士をつけたほうが自分の精神的にも楽ですし、安心かと思います。子供にとっても大事なところですから、妥協はしないほうがいいです。

調停に必要な書類なども弁護士にお願いできる!

調停に必要な書類というと、申立書はもちろん陳述書を提出されるかたもいると思います。そういった書類等を弁護士が代理で作成してくれるので、お仕事をされて忙しいかたはとても助かりますよね。

調停で言いたいことが言えなくても、弁護士が助けてくれる!

調停は話し合いと言えども、不安なものです。自分の言いたい方が100%言えるかといえば、それはわかりません。(言えなかった人がここにおります笑)

調停前にあらかじめ弁護士と打ち合わせをして行くと思うので、あなた自身がうまく伝えられなかったとしても、弁護士が助けてくれます。あなたの弁護人ですからね。そのあたりは、精神的にかなり安心かと思います。

調停が不成立になっても、そのあとの流れがスムーズ!

調停が不成立になれば、審判となり、それでもダメなら離婚訴訟へと移行させることになります。訴訟になれば、いやでも弁護士がいなければ自分だけでは大変です。調停からの流れで弁護士にお願いすれば、そのあとの手続きもスムーズにいきますし、自分の心構えとしても安心ですよね。

調停に弁護士をつけなかったとして、不成立になってから弁護士を探すとなると、これも大変ですしね。

弁護士に依頼することでのデメリット

それは、費用がかかることです。一般人からしてみると、気軽にだせるような金額ではないです。

相談料

依頼する前に、弁護士に直接会って相談することができます。
地域にもよりますが、大体時間は30分~1時間、5千円~1万円が相場です。

着手金

正式に依頼するとなると着手金を払うことになります。こちらも地域によりますが、20万前後から40万円前後です。今は弁護士事務所でホームページを作成して、料金を記載してくれているところもたくさんあるので、相談する前にあらかじめその弁護士事務所のホームページで調べておくのもいいと思います。

ちなみに私は弁護士さんに正式に依頼して着手金を支払いましたが、17万円でした。私が住んでいる地域は、弁護士料の相場が安いので、かなり安いと思います。

報酬金

これは調停が成立したとして、慰謝料、財産分与、婚姻費用、養育費をそれぞれもらえることになったとして、それが支払ってもらえるようになったのは弁護士のおかげなので、そのときに払う報酬金です。

ほとんどが、慰謝料の金額の10%とかです。もらえる金額によって変わってきます。

着手金を払えないと弁護士に依頼するのは難しいですよね。所得が低い人は法テラスの弁護士費用立替制度が利用できるので、心配ありません。これは、月々3千円、5千円、1万円とそれぞれ自分が払える範囲内の金額を選んで返していける制度です。
まとまったお金がだせなくても、この制度を利用すれば弁護士に依頼することができます。

どんな弁護士に依頼すればいいのか?

ここ、重要です。過去記事、【離婚調停】弁護士の選び方は大切!後悔しないための選び方 - 私が離婚を決める理由でも説明したのですが、ここ、重要なんです。(大事だから2回言っといた)

依頼人の話をしっかり聞いてくれる

弁護士に自分の今の状況をわかってほしくていろいろ話しても、「資料見れば大体わかるから」なーんて返されたらなんか嫌ですよね。
もちろん資料を作って渡すのもありなんですが、やっぱり直接話して、細かい不安やアドバイスを的確にくれる人がいいですよね。

弁護士といえども人間ですから、依頼人との相性は少なからずあると思います。

離婚問題に強い人

弁護士にも得意不得意の分野があるので、弁護士だからと言って離婚問題に詳しいとは限りません。とくにDVやモラルハラスメントなんかは、弁護士に理解してもらえないと厳しいと思うので、そういう案件を多く手掛けてる人や詳しい人がいいと思います。

モラハラで苦しんできて、やっと離婚を決意して弁護士を依頼しても、その分野に詳しい人でなければ、夫婦喧嘩の延長としてしか見られかねません。本気で戦いなら、その事柄に強い人を選びましょう!

不利なことや無理なことはしっかり分別してくれる人

調停にしろ裁判にしろ、絶対の結果はありません。やってみないとわからない部分がほとんどです。しかし、ある程度の見通しを弁護士は説明してくれます。それが不利なことや、無理であろうことでも、しっかり分別して説明してくれることは必要不可欠ですよね。

もちろん最終的に決めるのは自分自身ですが、指摘やアドバイスをもらえれば、ある程度の覚悟を持って挑むことができます。

弁護士の探し方

ここでは2つの方法を紹介したいと思います。

 

法テラス

まずは有名な、法テラスです。

無料で相談することができて、もしそのまま依頼することになっても弁護士費用立替制度を利用することができます。

電話番号:0570-078-374

インターネットで検索

離婚 弁護士 地域名(お住まいの地域名)

このキーワードで検索すればずらーっと弁護士事務所のホームページが出てきます。それを一つずつ見て探すのもいいと思います。
メリットとして、ホームページを見るだけでその弁護士事務所がどの分野に強いのかがよくわかるので、この探し方はおすすめです。

今の弁護士事務所はほとんど弁護士費用立替制度が利用できると思いますので、費用の面でも心配であれば、直接聞いてみるといいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?迷われているかたはまずは相談だけでもいってみることを、おすすめします。

悩んでることが明確になって、心が軽くなります。(私がそうでした)

-弁護士, 離婚調停

Copyright© 経験者が語る、後悔しない離婚のススメ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.