離婚を考える人のための離婚サイト。女性が素敵に輝くために…

DV(ドメスティックバイオレンス) モラルハラスメント

「知らないは、こわい」と認識して、前に進んで欲しい。

更新日:

こんにちはーめぐまるです!

食欲の秋。読書の秋。運動の秋。(管理人は運動一切ダメです、音痴です)私が好きなものは、大抵太るものばかりです。

食べる→読書(動かない)→太る!!!やんなっちゃう。

 

さて。今回は、私が結婚して、とくに感じたことがあります。それは、「知らない」ことのこわさです。無知なことほど、こわいことはないと思うようになりました。

スポンサーリンク

 

「知らないは、こわい」

f:id:ms7daisuki:20150910124558j:plain

「離婚」という大イベントの前に立ったとき、私に限らず、皆さんも情報収集は必要不可欠ですし、私のようにDVやモラハラの被害にあった人は、そのことへの「知識」がないと、そこから抜け出すのは非常に困難が予想されます。

自分がDVやモラハラの被害にあっているにも関わらず、その原因が自分だと思いこみ、抜け出せない女性がたくさんいます。

DVやモラハラの根本的な原因については、日本全体で考えれば、むしろ知らない人のほうが多いでしょう。しかしですね、「知らない」ということは、その固定観念から抜け出せないということです。

今の日本は、情報は無限大にあります。

もちろんその情報を自分のものにするか否かは自分次第ですが、知らないふりをして、自分が抜け出せる道があるはずなのに、それを自分の固定観念でねじ伏せるのは、これからの人生を無駄にしていくようなものです。

 

「知らない」では済まされない

f:id:ms7daisuki:20150910124541j:plain

私自信、離婚という大イベントの前に立ち、自分の知識の無さに絶望しました。自分って、バカだったんだな…って落ち込むこと、いっぱいありました。(今でもです)現に、夫が私にしてきたことをモラハラだと気づくのは、別居してからです。

別居してからも、洗脳や支配から抜け出すのに時間がかかってしまったせいもありますが、私は世間知らずで平和に平凡に生き過ぎて、「悪」いうものを知らなさ過ぎました。だから、彼らが悪いのではなく、自分に原因があるということから抜け出せなかったのです。

でもこれからは、自分の人生と子供たちの人生がかかってます。「知らない」では済まされません。

私がモラルハラスメントやDVをする人のことを学んでいるのは、ここに意味があります。良くも悪くも、子供たちがいる以上、大嫌いでも、顔を見たくなくても、一生夫の存在を消すことはできません。そして、子供がある程度大きくなるまでは、付き合っていかなければいけない人です。

自分や子供達を守るためには、自分自身が色んな意味で成長していかなければ、彼らの対応は絶対に無理です。

だって、「知らなかった自分」が夫に耐えられなかったのだから私は逃げ出したのであって、だったら対応策は、「知らない無知な自分」を克服して、相手に対応していくしかないのです。

彼らが変わることはないのだから。

 

「知る」ことを喜びに変えて

f:id:ms7daisuki:20150910124405j:plain

情報が無限大にあるこの世の中で、何を信じてなにを信じないかは、個々の判断に委ねられている時代です。自分で動き出さなければ、この先が変わらないということです。

「知る」ということを恐れずに、どんどん吸収していって欲しいのです。このブログの読者様で言えば、離婚を考えている人、DVやモラハラの被害にあっている人、様々な人生をおくられているかたがいらっしゃると思います。

「知る」ことを恐れないでください。

「見てみぬ振り」をしないでください。

離婚するときの事前準備や、調停に挑むときの対処法など、このブログでもそうですし、他のブロガーさんも皆さん発信してくれています。

離婚等に限ったことではありません。

これからの人生、まだまだ長い人生、「知る」ことへの喜びを、人生に取り入れて欲しいと、心から願っています。

-DV(ドメスティックバイオレンス), モラルハラスメント

Copyright© 経験者が語る、後悔しない離婚のススメ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.