離婚を考える人のための離婚サイト。

離婚裁判

「面会交流100日認められず…」面会交流とは本来どうあるべきか?紛争状態の夫婦のありさまは実に醜い。

更新日:

こんにちはーめぐまるです!

実に興味深いニュースを発見!!
いやぁ…なんとも言えないニュースですね。
今日はかなり毒舌にいきたいと思います!

※私の独断と偏見がかなり入っています。父親を批判する箇所があります。嫌なかたは見ないでください。

1審は父親、2審は母親に親権が渡った離婚裁判

 


この件についてのニュースはたくさんありましたので、気になるかたは直接ヤフーニュースを見ていただければと思います。

離婚裁判中の当事者として、こんなことを言っても説得力がないとは思うんですが。客観的に見ると、なんて見苦しく醜い夫婦なんだ…という印象。もしかしたら、離婚裁判というものを経験しているからこそ、そう思ってしまうのかもしれません。だって私自身、私たちのやっていることは、実にくだらなく、醜いことだと思っているから。

 

まぁ、そんなことはおいといて。

まず、この夫婦が行わなければならないのは子どもと父親との面会交流だと思うんだけど、どうして行われていないんだろう…?試行的面会交流は?まずそこが疑問。

それに、父親は「監視状態の中で子どもと会うのは利益にならない」からとFPICを拒否しているようだけど、そんなこと言っている場合じゃないでしょう。まず会ってあげるのが先。ずっとFPICなんて使い続けられないんだから、子どものことを考えているなら、FPIC使おうがなんだろうがまず父親の顔を子どもに見せてあげなきゃ。

記事の内容がどこまで本当かはわからないけど、記事を見ている限りでは、父親は本当に子どものことを考えているとは思えないなぁ。

スポンサーリンク

「100日の面会」を寛容な面会と判断して父親を親権にした1審は納得いかない。

確かに100日の面会はかなり寛容ですよね。でもかなり自己中心的な提案でもあります。片道2時間半をもかかる距離を年に100日も往復するのは現実的じゃない気がします。

子どもの誕生日は2年に1回ずつ交代で見るとの提案をしているそうですが(今年は母親、来年は父親ということらしいです)、なんかいやだなぁそういうやりかた。それに、そこだけに焦点をあてて、1審は親権者を父親にしたとしたなら、それは間違っていると思う。

父親と母親の役割は違ってあたりまえだし、継続性の重視も絶対に考慮する必要があると思います。(すべての父親、母親にあてはまるわけではないですが)

6年は長いし、6年も会わせてもらえていないのに、今さら親権を要求して、子どもを育てられると思っていることにびっくりしますね。子育ての経験が浅いのでしょうね。

それに、もし「学校行きたくない」という言葉を子どもが言ったとすれば、その言葉は尊重すべきです。その言葉を言うことには、必ず意味があるから。

尊重というのは、その言葉に従う事ではないのです。

継続性の重視の判断は間違っているのか?

最近は、「継続性の重視」について批判的な意見をよく見かけます。根本は、継続性の重視を認めてしまうと「連れ去り別居」が許されてしまうため、批判的な意見が増えてきているのだとは思いますが、6年という歳月はもう今さら変わりません。

「連れ去り」については今後も問題となっていくとは思います。しかし、継続性の重視が必要なのは確かでしょう。

片道2時間も離れているところにお互いが住んでいるようなので、子どもが父親側に行けば、環境はガラリと変わってしまいます。それに、今まで一緒に暮らしてきた母親がいないとなれば、寂しい思いもするでしょう。

「最初は怖がるかもしれないが、数か月すれば、わかってくれると信じている。」と言っているようですが、信じたってどうするんですかね。この父親は、今の状況をちゃんと飲み込めているんでしょうか。

父側は「これまで『甘い罠』に釣られて、引き離されてきた親が何人もいる」として、最高裁の決定が出るまで、長女と面会しない考えを示している。

これもさ、自分も『甘い罠』を利用して引き離そうとしていることに気づいたほうがいいです。きれいごとばかり言ってるだけなんですよね。

どっちもどっちなんですよね…。

だから、離婚裁判なんて本当に醜いです。

上告するみたいですが、子どものことを本当に思っているなら、今すぐ1時間でも2時間でも面会交流をして、裁判を早急に終わらせることです。

私なら、FPICでもなにを使ってでも会いますけどね。

まとめ

かなり毒舌ですみませんでした。なんか納得いかないことが多く、離婚裁判を自分もやっているので、ちょっと腹が立ちました(笑)

上告しても、判決は1~2年後ということで、子育てしている母親側に同情します。宙ぶらりんの状態で子育てをするというのは、大変なことです。

FPIC使う使わないにしても、お互いにもう信用がないから仕方がない場合もあると思います。裁判までしているのですから。面会100日を実行したって、提案するのは勝手ですが、こんなのスムーズにうまくいかないと思っていたほうがいいです。

だって、そこに娘さんの意見だって加えなければいけないんだから。お友達とだって遊びたいだろうしね。今の小学生は、結構忙しいですよ。

客観的に見ると、よく見えますね。自分たちのことはよく見えていないのに…。離婚裁判なんて、早く終わらせるのが子どものためです。自分のプライドを優先するより、子どもを愛しているということを子どもに伝えてあげて欲しい。

お父さんにも同情はしますが、今の状態では、客観的に見て親権は母親側になることを私は願います。面会交流はしてあげて欲しいです。

連れ去りについては…今後問題視されていくでしょう。

-離婚裁判

Copyright© 経験者が語る、後悔しない離婚のススメ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.