モラルハラスメント 離婚調停

モラハラってなに?モラ夫との離婚が大変な理由

投稿日:2018年6月10日 更新日:

めぐまる
こんにちはーめぐまるです!
近年モラハラという言葉が、世間でも誰もが知っている言葉として広まっています。そして改めてモラハラの定義と、モラハラ夫(略してモラ夫)との離婚がどうして大変なのか、理由をお話ししたいと思います。

三船美佳さんと高橋ジョージさんの離婚裁判がモラハラが焦点となっていたので話題を呼びました。

報道を見ているとまだまだモラハラの認識は低いなーと私自身感じました。

モラハラはただの言葉の暴力ではありません。

 

モラハラとは?

正式名称はモラルハラスメント、言葉という方法を使って精神を追い詰めていく精神的な暴力のことを言います。

略してモラハラと言われることが多く、夫がモラハラの場合は、私は”モラ夫(もらお)”と呼んでいます。

医学的には、モラハラを行う人たちを、自己愛性パーソナリティ障害(人格障害)と言います。人格障害の一種とされているので、精神の病です。

 

モラハラの特徴

最初はとっても優しいのが特徴。そしてモラハラの恐ろしいところは、外の顔と内の顔を持っていることです。

人を追い詰めるくらいひどいことをする奴なら、結婚する前に気づくだろう!とよく言われることがありますが、それができていたら誰だって結婚なんてしていません。

自分の支配下になったときに初めて豹変するので、結婚前にモラハラに気づくことはなかなかできないのです。

外ではいい夫を演じますが、モラハラはほとんど家庭内の密室で行われます。共感性がなく、妻のすることは罵倒し、悪いのは常に相手であり、その為なら平気で嘘をついたり自分を正当化します。

質の悪い人種であることに間違いありません。

 

モラ夫との離婚はどうして大変なの?

モラ夫との離婚が大変な原因は、誰にもわからない密室の中で暴力が行われていることです。

モラハラの特徴の中でもお話しましたが、外では誰にでもいい人を演じます。

外の顔と内の顔が違い過ぎるので、家での様子を他人に訴えてもなかなか信じてもらえません。

信用してもらえず、そのせいで被害者はまた自分を責めることを繰り返し、モラ夫の呪縛から抜け出せないのです。

そしてモラハラは目に見える暴力はしませんし、被害者に見える傷を残しません。

証拠を残さないやり方で追い詰めてくるので、調停などでも戦いにくくなります。

モラ夫と直接の話し合いで離婚をするのはすごく難しいです。離婚するなら調停は予め視野に入れておかなければいけませんが、モラ夫は演技がとても上手です。

調停委員でさえも巧みに操ってしまう可能性があります。

長く苦しい闘いになるかもしれないことは、覚悟しておきましょう。

言えばわかってもらえるなら、こんなに苦労することはありません。もし本当に離婚したいと思うなら、計画性がとても重要になります。

 

モラ夫との離婚は計画性が大切!

まずモラ夫の内の顔を暴くためには、証拠が必要になります。

モラ夫と言えども人間。嘘をつけば必ずボロがでるものです。そのボロを出すためにも、証拠は必要不可欠なのです。

言われたことなど日常を日記に書き留めておいたり、会話を録音できるなら実行しましょう。

家で暴れたら、暴れたあとの家の中の写真を撮影しておくのもいいと思います。

そのほか自分で証拠になりえそうなものがあれば、とにかく残しておいてください。

念密な計画性がなければ、今の苦しい生活から抜け出すことは非常に困難です。モラハラはDVなどの身体的暴力とは違い、目で見てわかる傷を残さないので、客観的に見て離婚ができる証拠をつくることが重要です。

自分がモラハラ被害者だと気づくこと

なんか変だな…と思う違和感。

その小さな違和感が、今の状況を変えられる一歩になります。

我慢をしていても、必ず人は限界がきます。

まず、自分の夫がモラ夫なんだと認める勇気を持ちましょう。

私もそうだったのですが、どうしても被害者は「自分が悪い」という考えが先走ってしまいます。

でも自分が悪いから暴力を受けても当然だなんて、それは違いますよね。

自分が悪かったら殺されても仕方ないと思っているのと一緒です。

もしかしたら自分はモラハラを受けているかもしれない…と思ったら、まずはネットで調べてみたり、本を読んで調べてみたりするのもいいと思います。

まずは自分の状況を受け入れることから始めてみてください。

まとめ

モラ夫の特徴や、離婚が大変だということは理解いただけたでしょうか?

私の元夫もモラ夫で、離婚するのに長い時間を費やしました。本当に大変でした。

でも、私の少しの工夫や離婚前の行動で、もっと簡単に離婚できたはずだと思っています。

だからこそ、モラ夫との離婚は計画性がとても重要なことを身をもって感じています。

モラハラ被害者のかたは心に大きな傷を抱えているので、ちょっとしたモラ夫の行動ですぐに引き戻されてしまう可能性が高いです。

離婚するのであれば、しっかりと気持ちを強く持って挑んでください。

モラ夫については他の記事でも詳しく書いているので、そちらもご覧になっていただけたらと思います。

-モラルハラスメント, 離婚調停

Copyright© 経験者が語る!後悔しない離婚のすすめかた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.