離婚を考える人のための離婚サイト。

離婚理由 離婚裁判 離婚調停

【離婚調停・裁判】離婚理由には5つの種類がある!

投稿日:

めぐまる
こんにちはーめぐまるです!

離婚裁判を視野に入れている人には大切な、離婚理由についてお話したいと思います。

離婚したい…!と漠然と考えている人は多いと思いますが、離婚する理由について深く考えたことはありますか?

離婚する相手によっては、協議や調停だけにはとどまらず、離婚裁判になることもあるかもしれません。

そんなとき必要になってくるのが、離婚しなければいけない理由です。

離婚理由は5つの中でひとつだけ見つかればOK!

協議で離婚できそうにない…そういう夫婦は多いです。現に、家庭裁判所で行われる離婚調停を利用する夫婦は年々増えているとのこと。

しかし、離婚調停でも折り合いがつかずに離婚できなかったときは、もう離婚裁判をするしか道は残っていません。

婚姻関係を残したまま別居するという選択肢はありますが、嫌いな人の嫁のままではいたくないんです。新たな人生をスタートさせるのであれば、離婚裁判も視野に入れて考えなければいけません。

裁判と聞いても、ピンとこない人が大半だと思いますが、やはり裁判は苦行です。簡単なことではありません。

調停に持ち込んだときもある程度の離婚理由は必要ですが、裁判になると夫婦のどちらが離婚原因の元凶なったのかを決めなければいけないので、離婚理由は必須になってきます。

法律で定められた離婚理由が5つあります。

離婚するのに5つの理由必要なわけではなく、5つの中でひとつでもあてはまっていればOKです。

 

離婚に必要な5つの理由とは?

離婚理由について、法律で定められています。5つ紹介したいと思います。

① 不貞行為

不貞行為とは、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことです。

不貞行為はどこからどこまでが不貞行為とみなされるのか、個人によって認識が違うため難しいのですが、ちまたでよくある一度きりの過ち(ワンナイトラブ 😳 )の関係を不貞行為と主張するのは難しいです。

ある程度継続して肉体関係を持っていることがポイントになります。

もし肉体関係がなくても夫婦関係の破綻の理由になれば、婚姻関係を継続し難い重大な事由となる場合もあります。

とにかく裁判所では、破綻主義というものが重要視されていて、すでに夫婦という関係が成り立っていないことを証明するのが大切なんです。

そして、裁判になるとどんな離婚理由にせよ、とにかく証拠収集が鍵となります。

不貞行為はとくに証拠収集を入念に行うことをおすすめします。

頭に血がのぼって相手を責め立てたくなる気持ちはわかりますが、離婚を考えているのであれば裁判になったときのことも見越して、証拠収集をしっかり行い相手のガードがゆるいうちに頑張りましょう。

なんと言っても不貞行為による慰謝料は、わりと高額である傾向です。慰謝料ガッツリ取りたい方は、証拠収集頑張ってください。

②悪意の遺棄

悪意の遺棄とは、夫婦関係の破綻を自ら行い、それを放置している場合です。

例えば、「生活費を渡さない」「家に入れてくれない」「理由もないのに勝手に出て行った」などです。

民法では、夫婦関係についてこのように定めています。

夫婦は同居し、お互いに協力、扶助し合わなければならない

夫婦の基本である同居、協力、扶助という義務を正当な理由なく果たさないことは、認められません。

「理由もないのに勝手に出て行った」という理由についてですが、出て行った理由がDV(ドメスティックバイオレンス)であれば、悪意の遺棄には当てはまりませんので、安心してください。

DVは、家を出ていく正当な理由です。

③3年以上の生死不明

3年以上の生死不明は、生きているのか死んでいるのか3年以上不明な場合です。

しかし、生きているのはわかっているが、所在がわからないという単なる行方不明については、この理由にはあてはまらないので気をつけましょう。

3年以上の生死不明の場合は、相手がいないため協議も調停もできません。そのためいきなり訴訟に持っていき離婚することが可能です。

④回復の見込みのない精神病

回復の見込みのない精神病は、離婚理由として認めることに裁判所は消極的です。

②悪意の遺棄でも説明しましたが、民法では「夫婦は同居し、お互い協力、扶助し合わなければならない」と定めています。精神病も病気ですから、夫婦で協力して乗り越えられないかという視点になってしまうのでしょうね。

なので、ある程度基準があります。

・回復の見込みがあるかどうか、精神科医の鑑定が必要

・治療が長期間に渡って続いている

・離婚を申し立てている配偶者が、これまで誠実に療養、面倒を見てきた

・離婚後は誰が看病して、療養の費用は誰が負担するかなどの、具体的な方策がある

上記の理由がそろったからといってこの離婚理由が認められるとは限りませんが、「もう面倒みたくない、無理 🙁 」といった感情的な理由だけでは難しいでしょう。

ちなみに、アルコール中毒、薬物、劇物中毒、ヒステリー、ノイローゼなどは回復の見込みのない精神病にはあてはまりません。

これから説明する⑤婚姻を継続し難い重大な事由にあてはまる場合があるので、離婚理由として認められる可能性は十分にあります。

⑤婚姻関係を継続し難い重大な事由

この理由に関しては詳しく記事にしてありますので、詳しくはこちらを見ていただければと思います。

【離婚調停】離婚理由で一番多い「婚姻を継続し難い重大な事由」とは?

こんにちはーめぐまるです! 昨日は寒かったので、お鍋にしました。この時期にありえないと思うかもしれませんが、寒かったので(´・ω・`)   さて。今日は、離婚で争われる理由の中でも最も多いと ...

続きを見る

日本の離婚理由では、一番多い類です。

DVやモラハラもこの理由に当てはまります。この理由については、夫婦での認識の違いや、DVであれば相手が暴力ふるったことを認めないなどもめる可能性が高く、複雑化していく離婚理由です。

裁判官に認めてもらうためには、証拠収集をしっかり行うこと!これに尽きます。

離婚裁判で自分の主張に信憑性を持たせるためには、日頃から詳しく日記に残しておくなど、ある程度の長期間に渡って証拠収集が必要になります。

 

まとめ

離婚理由について、いかがだったでしょうか。

今現在離婚を考えていて、あてはまる離婚理由はありましたか?

夫婦関係は2人にしかわかりえないことがたくさんあるので、訴訟になったとき裁判官にわかってもらうためには、言葉で主張するだけでは難しい場合があります。

客観的に見て、「これは離婚させるべきだ」と思わせるためになにが必要なのか、じっくり考えてみることも大切です。

-離婚理由, 離婚裁判, 離婚調停

Copyright© 経験者が語る、後悔しない離婚のススメ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.