モラルハラスメント

モラハラは無自覚型と過剰警戒型の2種類が存在。配偶者はどちらのタイプ?

投稿日:2018年6月22日 更新日:

めぐまる
こんにちはーめぐまるです!
モラハラといってもいろんなタイプがいるのをご存知ですか?その中でも大きく分類すると、2種類のモラハラが存在します。

自分の夫がどちらのタイプか、あてはめて考えながら読んでいただけると、より楽しめるかもしれません😊

 

モラハラ① 無自覚型(無関心型)

無自覚型は、目立ちたがるタイプの人間です。

とにかく自分が一番。自分が一番大切。

無意識に自分と他人を比べて、相手に勝つことで優越感を得ています。

自分が勝てると思う相手にしか興味ありません。

①他人の反応に気づかない

②傲慢で攻撃的

③自分に夢中

④注目の的である必要がある

⑤送信者ではあるが受信者ではない

⑥見かけ上は他人によって傷つけられたと感じることに鈍感である

自己愛 無自覚型(無関心型)と過剰警戒型(過敏型) [ モラハラ資料 ]

モラハラ② 過剰警戒型(過敏型)

無自覚型とは違い、内気なのが特徴です。

表に怒りを表すタイプではなく、内に怒りをためて爆発するタイプなので、扱いにくいです。

根に持つので、嫌のことを引きずってずっとネチネチくどいです。

1 他の人びとの反応に過敏である

②抑制的、内気、表立とうとしない

③自分より他人の注意を向ける

④注目の的になることを避ける

⑤屈辱や批判の証拠がないかどうか他人の言動に注意する

⑥容易に傷つけられたという感情を持つ(羞恥や屈辱を感じやすい)

自己愛 無自覚型(無関心型)と過剰警戒型(過敏型) [ モラハラ資料 ]

2種類ともモラハラの本質は同じ。

無自覚型と過剰警戒型は一見まったく違う人格に見えますが、本質での心理は同じです。

モラハラをする人は自分より弱いも立場の人と、強い立場の人に対して、この2種類の人格をうまく使い分けてる人が多いです。

自分にとって弱い者には無自覚型の人格でガンガン責め、自分にとって強い者には過剰警戒型の人格で、表には出さずに内に怒りを溜め込んでいます。

基本的にモラハラは自分というものがありません。自分が嫌いなんです。

人は弱い部分や強い部分、自信のあるところやないところなど、どちらもあって当然。良いところも悪いところも含めて、ありのままの自分自身を受け入れて生きていきます。

しかし、モラハラをする人たちはありのままの自分を受け入れられません。自分の弱い部分を認められないのです。

相手には本当の弱い自分を知られないために、常に演じることで自分を守っているのです。

場所や人を選びながら、自分が一番でいられる場所を確保し、自分が一番でいられるように、パートナーさえも操ろうとします。

まとめ

無自覚型(無関心型)、過剰警戒型(過敏型)、自分の夫はどちらにあてはまったでしょうか?

大きく分けた特徴ですので、もちろんすべての人にあてはまるわけではありません。

モラハラを自己愛性パーソナリティ障害という人格障害であることを理解できれば、モラ夫への接し方も少しはラクになるかもしれないです。

-モラルハラスメント

Copyright© 経験者が語る!後悔しない離婚のすすめかた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.