別居

"とりあえず"の別居。そのあとまた、元の夫婦に戻れると思いますか?

投稿日:2018年3月24日 更新日:

めぐまる
こんにちはーめぐまるです。

とりぜず別居してみよう!と思うご夫婦は多いと思いますが、その”とりあえず”、本当に大丈夫でしょうか?

これから離婚するか否か、考えることは山ほどありますが、とりあえず先に「距離をおきたい」「離れてゆっくり考えたい」という理由で、別居を選択する人は多いと思います。

離婚を考えているのに、毎日一緒に暮らすのはなかなか苦しいものです。

ですが、離れることはどういうことか、今一度考えてみたほうがいいかもしれません。

 

別居は、慎重に考えたほうがいい。

 

恋人同士でも、「少し距離をおきたい…」というセリフ、ドラマでよく見かけますよね。

離れてみて初めてお互いの大切さに気付くこともあるでしょう。一緒にいる時間が長いぶん、夫婦であればなおさらです。

一緒に暮らし、毎日顔を合わせ、一緒にいることが当たり前になりすぎれば、お互いの気持ちを見失ってしまいます。

離婚を前提に別居するなら、別居は賢い選択肢だとは思いますが、離婚を迷っていて、もし別居することで夫婦間の改善を計ろうしているのであれば、今一度考えてみたほうがいいかもしれません。

なぜなら、別居することで解放されるのは、女性が圧倒的に多いです。離れることで、夫の世話から解放されて離婚へと一気に気持ちが傾く可能性は大いにあります。

夫と離れたほうが自分らしくいられる、むしろ一緒にいないほうがラクだ!と思う人が、圧倒的に多くいるわけですよ。

また夫とやり直したいと思うには、それ以上に上回る気持ちがなければ難しいんです。

 

実は、私がこのパターンでした。

私の場合は夫からのDVやモラハラがあったので、別居は正しい選択だったと思います。それでも別居をしたばかりの当時は、まだ離婚するのかしないのか、気持ちが揺れていたんですよね。

それでもときが経つにつれて、夫と離れることでおかしな生活をしていたことに気づき、自分を取り戻したおかげで、離婚する選択を選ぶことができました。

元夫は割と長い間私とやり直すことを望んでいたようですが、私の気持ちは別居をすることで完全に離れていってしまいました。

だって、いないほうがラクなんです。

女性はとくにそう思ってしまう傾向が強いかもしれません。男性にはちょっと厳しい現実ですが、「夫の世話をしなくていい」というのは、かなり心身の負担が減ります。

家事・育児を手伝ってくれる旦那さまも増えてきてはいますが、まだまだ妻が家事・育児のほとんどを担っている家庭は多いはず。

家事・育児だけにとどまらず、お仕事をしているかたもたくさんいるでしょう。はっきり言って、夫の世話がなくなればかなり負担が軽減されます。

女性がどんどん自立していくことで離婚率が上がるのは、言うまでもありませんね。

 

別居中にもらえる「婚姻費用」

意外と知られていない制度ですが、別居している間は、収入の多いほうが収入の低いほうに支払わなければいけない「婚姻費用」というものが発生します。

これは、別居していても同等の生活をさせなければいけないという「義務」になりますので、一般家庭では妻より夫のほうがはるかに給料は高いと思うので、夫側が妻側に相当な金額を支払うことになります。

別居していても生活費がもらえるとなると、なおさら別居から抜け出すことが困難になってきます。だって、夫の世話をしなくていいのに加えて、足りない生活費ももらえるわけですよ。

女性にとって、別居は好都合なことがたくさんあるんです。

もし、夫婦間の改善を計るために別居の選択をするのであれば、2人の距離を縮められないほどより一層離れてしまう可能性は十二分にあります。

またやりなおしたいと思っている気持ちが残っている夫婦は、別居は必ず慎重に考えるべきでしょう。

 

それでも別居してしまったら…

f:id:ms7daisuki:20151216100002j:plain

もう別居しちゃったよ!とか、もう別居しか選択肢がありません…というかたは、果たして、戻ることはできるのでしょうか。

中には、別居後に戻った夫婦もいることでしょう。

しかし、戻ったところで別居する前の状況となにも変わらないのなら、それはまったく意味のないことです。

別居に至るまでに、なにが原因でそうなってしまったのか、お互いに考えることを忘れないでください。

 

めぐまる、なんかあたりまえのこと言ってる…(;'∀')と思うかもしれませんが、この当たり前のことが現代の夫婦はできていない気がします。

話し合える夫婦が少なくなっているんですよね。

2人で納得しなければ前に進めませんから、話し合いは不可欠です。

夫婦のどちらかだけが納得していたって意味がないです。お互いに自分で自分を見つめなおさなければいけません。例え、どちらかの行動が原因で別居に至ったとしてもです。

戻るなら戻るで、離婚するなら離婚するで、解決策が必要だからです。

 

例えば夫が浮気をして別居に至ったとします。果たして、あなたは夫を許すことができますか?

自分の気持ちにわだかまりがあったままでは、元に戻ってもうまくいくわけがありません。

夫を許せると確信したうえで、もう浮気をしないでほしいという気持ちを相手に伝える。

そして、それがまた起こらないためにはどうすればよいのか、そうなった原因はなんなのか、考えて実行する勇気と行動が必要になるでしょう。

でも、理不尽な話ですよね。浮気の原因なんてどんな理由にせよ、妻の知ったこっちゃありません。

そんな夫に見切りをつける女性のほうが、圧倒的に多いでしょうね。

情も愛もない。その先は…

f:id:ms7daisuki:20151216100140j:plain

私の場合、やり直す解決策がなにも見つかりませんでした。私があのときあーすればよかったのか、こうすればよかったのか…幾度となく考えてきましたが、私が頑張ったところで、どうにかなる問題ではなかったからです。

私は精一杯妻として、母として、頑張ってきました。いいことも嫌なこともすべて、元夫には伝えてきたつもりです。それでもなにも変わらなかった。

でも一番の理由は、夫に対する「愛」がまったくなくなってしまったことかもしれません。

愛がなくなっても、家族としての情があれば違ってきたかもしれませんが、情もありませんでしたね。

愛も情もなくなってしまったその先は、「無関心」です。夫のことなんてどうでもいいんです。私と子どもたちが幸せになれれば。

一度離れてしまった心は、そう簡単に戻ることはありません。無関心になってしまったら、そのときは諦めたほうがいいかも…

別居で心が離れてしまわないためには…?

f:id:ms7daisuki:20150903134747j:plain

別居する目的を双方で明確にさせておきましょう。

夫婦間というよりも、まずは自分自身がなんのために別居を必要としているのか、気持ちをはっきりさせておくのです。

そうしなければ、結局ずるずると別居生活を続けてしまい、目的も見失ってしまいます。別居期間を置くことで修復を計りたいのであれば、なおのこと別居の意味を明確にしておきたいところです。

夫婦間の修復が目的であれば、相手に自分の考えを押し付けるだけでは全然ダメです。相手のことをつねに考えたうえでの行動を心掛けてください。

相手を思いやるって、できているようでできていないことが多かったりします。自分では思いやっているつもりでも、相手には自分勝手な行動に見えるときがあります。

なにごとも決めつけてはいけません。自分が思っていることを相手も思っているとは限らないですから。

言葉で伝えることをためらわないほうがいいです。

 

まとめ

離婚という窮地に立つと、「すれ違い」や「信頼関係がない」ということが、どれほど辛いことなのか身に染みてわかるようになりました。

夫婦だけで話し合うのが難しい場合もあります。そのときは無理はせず、調停などの場で話し合うのもいいかもしれません。

別居するにはそれなりの覚悟が必要だということがおわかりいただけたと思います。

別居=離婚ではないけど、いとも簡単に離婚へと導くきっかけになってしまうかもしれないので、慎重に考えてお互いにとって良い選択肢を選びましょう。

-別居

Copyright© 経験者が語る!後悔しない離婚のすすめかた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.