離婚を考える人のための離婚サイト。

DV(ドメスティックバイオレンス) モラルハラスメント

DVとモラハラは治すことができるのか?治したところで私たちは幸せになれる?

更新日:

配偶者、または恋人からのDV、モラハラの被害にあわれていて、なおかつ逃げられない人は必ずこう思います。

私が悪いから…

本当にそうでしょうか?私たちが悪いから彼らが暴力をふるわれるのでしょうか?

スポンサーリンク

本当に自分が原因なのか?

f:id:ms7daisuki:20150715224253j:plain

私自身もDV、モラハラの被害者です。暴れる相手を見て、意味不明なことを言う相手を見て、私は何度も自分を責めました。彼がこうなる理由は自分にあるのだと。私が彼を怒らせているのだと。

でも、その理由がさっぱりわからなかった。今思い出しても、わからないことがたくさんあります。でも今思えば…付き合う前から、私のやることなすことほとんどに文句言われていたりいて、思い当たる節はありました。

怒りのはけ口が欲しかっただけなのかもしれません。彼らは、弱い者いじめしかしない人たちだから。

DVやモラハラの加害者は、ほとんどの人が自分が相手にやってきたことを正当化するでしょう。

おまえがダメだから俺はこうなってしまう。

全ての責任はおまえにある。

 

でも、違うんです。あなたは悪くない。

夫婦喧嘩はどこの家にだってあります。でもそこに暴力があるのはおかしいことなのです。

 

DVやモラハラは治るのか?

答えは、難しいです。
彼らは自分が加害者だということを全くわかっていないません。(モラ夫は人格に障害があるので、自分は相手にひどいことをしていると気づきながらも、それを認めて自分が加害者だと気づくことに耐えられないのです。)

たまにネットサーフィンをしていると、夫のDVが治って今は幸せに暮らしているかたを見かけたりします。でも、ごく稀かと思います。

まず、加害者の行動を治すには、自分のやっていることを自覚させなければなりません。

夫が精神的な病気だから、こんな風になってしまったんだと心療内科や精神科に相談に行かれるかたも少なくありませんが、相手が自覚して治す気持ちがないと、治すことはできません。

無理矢理病院に連れて行くことができたとしても、相手が「自分はどこも悪くない。」と言われてしまえばそれまでなのです。
カウンセリングを受けることもできません。

 

DVとモラハラの負の連鎖 

全ての人とは言いませんが、高い確率で負の連鎖は続いていきます。

親が暴力をふるっている家庭は、子供もそういう人間になってしまうかもしれません。子供がいる人は、その負の連鎖を断ち切らなければいけません。

逃げ出すのは勇気のいることだけど、私は逃げることを選びました。ためらいはありました。今となっては信じられませんが、広い家に一人残される夫のことを思うと、かわいそうと思ったのです。おかしなものですよね。

また戻れるかもしれないと思ったこともありました。でも今はもうありえません。家を出て、今まで閉じ込められていた空間から出ることで、自分はなにを我慢していたのだろう…と気づかされました。

友達に話したり、相談にのってもらったりすると、私の生活がおかしかったことに確信が持てたのです。言いたいことも言えず、お金の自由もなく、ヤツの目の動きにも敏感に反応して、夜の足音さえもこわくて寝られなかったあの生活は、他の人から見てもおかしなものだったのです。

それから少しづつ自分の考えに自信が持てるようになりましたが、今でも洗脳が続いている気がしています。ヤツと縁が切れない限り、この洗脳はなかなか消えないのかもしれません。

お子さんがいるかたは、早い決断が大切になってくると思います。自分の子どもが夫のようにならないように、遠ざけるのも必要かもしれません。

-DV(ドメスティックバイオレンス), モラルハラスメント

Copyright© 経験者が語る、後悔しない離婚のススメ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.