離婚調停

【離婚調停】費用・進められかた・注意点などの疑問にお答えします!

投稿日:

めぐまる
こんにちはーめぐまるです!
離婚調停の費用がどれくらいかかるのか、ちょっと気になりますよね。

日本は調停前置主義なので、いきなり離婚裁判を行うことはできません。

でも家庭裁判所で行われるものだし、どれくらいの費用がかかるのか、どのように進められていくのか、心配ですよね。

大丈夫です。決して高額はかかりません。

離婚調停の費用

f:id:ms7daisuki:20150902002618j:plain

離婚調停を申し立てる側であれば、約2000円ほどで調停は行えます

1つの申し立てにつき、1200円分の収入印紙と、そのほかの切手代や書面代などが別途かかります。

1200円の収入印紙代以外の金額は地域によって変わってきますので、調停をする家庭裁判所に問い合わせて聞いたほうが確実です。

収入印紙代以外にかかる金額といっても切手代とかなので、ほんの数千円で済むことがほとんどです。

調停に弁護士をつけることは可能ですが、弁護士代は別途かかってしまいます。弁護士費用については下記の記事をご覧になってみてください。


【離婚調停】弁護士は本当に必要?依頼するメリットとデメリット

めぐまるこんにちはーめぐまるです! 調停は話し合いの場なので、本来弁護士さんは必要ありません。でも、弁護士さんにお願いしている人が多いことも現状にあります。 調停は弁護士さんがいなくても自分だけで進め ...

私の経験談ですが、調停の申立書と一緒に裁判所側から用意された準備書面を渡されて記入しました。

記入内容は、夫婦がうまくいかなくなったのはいつ頃か、夫婦での協議はどの程度まで話し合うことができたかなどの項目がありました。

ただ、家庭裁判所で用意される準備書面の有無についてはこちらも家庭裁判所によって違いがあるようですので、参考程度にしていただけたらと思います。

あともうひとつ。私は離婚調停しか申し立てなかったのですが、それだけで婚姻費用や面会交流のことも込みで調停を進めることができました。

しかしこれも裁判所によって対応が違います。

離婚だけではなく、別居中の婚姻費用や面会交流などの話し合いが必要な場合は、別途その項目の調停も申し立てなければいけないところもあります。

そのときは、1つの申し立てにつき収入印紙代が1200円必要なので、さらに1200円分の収入印紙が必要になります。

最初は離婚調停だけ申し立てて、あとから婚姻費用の申し立てをすることもできるので、こちらも家庭裁判所に問い合わせて聞いてみましょう。

調停の流れ

f:id:ms7daisuki:20150902004108j:plain

調停で心配なことのひとつに、相手と家庭裁判所内で偶然居合わせてしまうかもしれないという心配があります。

でもそこは家庭裁判所もそれぞれの時間を変えるなど配慮してくれますので、会うことはありません。

とくにDVを離婚理由にされているかたは、裁判所のほうですごく配慮してもらえます。

しかし、調停がすべてにおいて終了するとき、成立か不成立を裁判官が説明してくれるのですが、その最後のときには同席させられます。

どうしても相手との同席を避けたいのであれば、もしかしたら配慮してもらえるかもしれませんが、私は同席させられました。

配慮してくれる裁判所もあるようなので、絶対に会いたくない場合はしっかり同席したくないことを裁判所側に伝えてください。

その他の流れについては、下記の過去記事も参考にしてみてください。

【離婚調停】後悔しないために事前準備は徹底的に!

めぐまるこんにちはーめぐまるです! 初めての離婚調停、どんな準備をしておけばいいのかお話ししたいと思います。   私自身、離婚調停は経験しました。離婚調停は不調に終わってしまったので裁判にな ...

他の記事でも説明していますが、調停委員は離婚について詳しい知識を持ち合わせている人ばかりではありません。

調停委員は中立の立場であることと、調停の中ではどちらが離婚原因をつくった有責者かを追及することはあまりできません。

調停委員は中年や高齢のかたが多いため、心ない言葉を発するかたもいます。

原則では調停委員の変更はできないようですが、あまりにひどい場合は裁判所側に調停委員を変更して欲しいと相談してみてください。

調停では第一印象が大切?

調停のことをネットで調べると、「調停委員を味方につける方法」「調停委員への印象をよくするには」などの記事をよく見かけます。

調停委員も人間ですので、初めの印象や話しかたなどを見て判断しているかたもいるでしょう。

そして、実際に私の離婚調停ではこんなことを言われました。女性調停委員のかたが私と会うなり、「めぐまるさんの申し立て書を見て、字がとってもきれいでびっくりしたの。だからどんなかただろうと気になっていたんです。お若いのにしっかりしているのね。」

その調停委員の元の職業柄や年齢なども関係していると思いますが、そういった細かいところも見られているのかと、ちょっとした面接のような気分になったのを覚えています(笑)

それだけで調停が自分有利になるわけではありませんが、第一印象を良くしておくことで損はありません。

調停委員のかたも初めて会った人たちの離婚話に首を突っ込むわけですから、ある程度の人柄は重要視しているでしょう。

申立書も気を抜かずに、記入を心掛けてください。

 

まとめ

離婚調停はかなりお得な料金で簡単に行えます。

夫婦だけで話し合いができない場合は、気軽に利用してみるのもいいでしょう。

話し合いと言えど、ちょっとした面接のようなものなので、第一印象は大切にしておいたほうが安心です。

初めての調停で緊張してしまうかもしれませんが、事前準備はしっかりしておきましょう!

 

-離婚調停

Copyright© 経験者が語る!後悔しない離婚のすすめかた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.